ダーツのスタンスって、どれが一番いいのでしょうか? ・オープンスタンス(フロントスタンス) ・スタンダードスタンス(ミドルスタンス) ・クローズドスタンス(サイドスタンス) これら三つのスタンスには、それぞれメリットとデメリットがありますので、その人によりどれが一番いいスタンスなのかは違ってきます。 最も標準的なのは、その名の通り、スタンダードスタンスですが、絶対にこのスタンスが最もいいとは限りません。 色々と試してみて、自分にとって投げやすいスタンスをみつけるようにしてください。 では、ご参考までに、それぞれのスタンスの特徴をご紹介しましょう。 オープンスタンスは、ダーツボードに向かって正面に立って両足を揃えるというのもので、狙いやすいというメリットがあります。 ただ、体勢的に投げにくいですし、リリースポイントも遠いため、狙い通りに投げるのは難しいんですね。 スタンダードスタンスは他の二つの間を取ったような投げ方で、ダーツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)ードに対し、斜め45度に立ちます。 良くも悪くも中間的な投げ方なので、オープンスタンスよりは狙いにくいものの投げやすく、クローズドスタンスよりは狙いやすい代わりにリリースポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)が遠いのです。 クローズドスタンスはダーツボードに対して真横に向いて立つため、正しく投げると狙い通りにヒット出来ますね。 でも、狙いがつけにくい上に、体が硬い人は正しく投げること自体が難しいこともあるそうです。 向いている人に取っては一番いいスタンスですが、向いていないと思ったら、早々に諦めた方がいいかもしれませんねー